29
3月

試験に合格するためには、出題される問題の傾向を把握することが大切です。
また、試験を受けた人の体験談に学ぶと、「自分のこと」として身に付きやすいのではないでしょうか。
弁護士になるために司法試験の合格を目指す人は、身近な人の体験談を参考にしましょう。
インターネットで検索するのもよいですよね。
いろいろな人の体験談に触れられるため、新しい発見もあります。
たとえば、日頃の勉強はインプットよりもアウトプットを重視することが大切です。
また、論文式試験があるため、手書きでの文章作成に慣れる必要があります。
試験当日に使う筆記具選びも大事なポイントです。
多くの文字をストレスなく書ける筆記具に出会うには、いろいろなタイプの筆記具を試すとよいでしょう。
ちなみに、論文式試験で使用が認められるのは、黒インクのボールペンか万年筆です。
また、インクがプラスチック製消しゴム等で消せないもの、という条件が付いています。
ボールペンと万年筆のうち、どちらがよいのかはケースバイケース。
やはり、ふだんから書き慣れたものを使うことがポイントです。
そのうえで、試験会場には、少し多めに持っていくことも大事ではないでしょうか。

司法試験を受けた人の体験談に学ぶ はコメントを受け付けていません。
01
3月

注射が苦手な人が多いですが、針を刺す時ってチクっとして痛いですよね。
年に注射をする機会なんてそんなに多くはないし、私の場合には年1回の健康診断で血液検査をする時くらいかなぁ。
針を刺すところをみると痛みが増す感じがするので、見ないようにしていますが、やっぱり針を刺す時は痛いですよね。
だから鍼灸治療に興味があっても針を刺すのかと思うとちょっと怖いんですよね。
鍼灸治療を行っている友達に聞いてみたら、鍼灸治療の痛みはほとんどないそうですよ。
どうして痛みがないのかというと、鍼灸で使用している針と注射の針の先端が違い、鍼灸で使われている針の先端は丸くなっています。
注射の針は皮膚や血管を破るように先がナイフのようになっているので、刺した時に痛みがあるのです。
それと太さにも違いがあり、注射の針の太さは0.7~0.9㎜で、鍼灸で使われている針は0.14~0.34㎜と細いのです。
細い針なので刺した時に抵抗がなく、痛みがほとんどないのです。
今までは注射のような痛みがあると思っていましたが、痛みがほとんどないなら鍼灸治療をやってみようと思います。

鍼灸が痛くない理由とは はコメントを受け付けていません。