29
3月

試験に合格するためには、出題される問題の傾向を把握することが大切です。
また、試験を受けた人の体験談に学ぶと、「自分のこと」として身に付きやすいのではないでしょうか。
弁護士になるために司法試験の合格を目指す人は、身近な人の体験談を参考にしましょう。
インターネットで検索するのもよいですよね。
いろいろな人の体験談に触れられるため、新しい発見もあります。
たとえば、日頃の勉強はインプットよりもアウトプットを重視することが大切です。
また、論文式試験があるため、手書きでの文章作成に慣れる必要があります。
試験当日に使う筆記具選びも大事なポイントです。
多くの文字をストレスなく書ける筆記具に出会うには、いろいろなタイプの筆記具を試すとよいでしょう。
ちなみに、論文式試験で使用が認められるのは、黒インクのボールペンか万年筆です。
また、インクがプラスチック製消しゴム等で消せないもの、という条件が付いています。
ボールペンと万年筆のうち、どちらがよいのかはケースバイケース。
やはり、ふだんから書き慣れたものを使うことがポイントです。
そのうえで、試験会場には、少し多めに持っていくことも大事ではないでしょうか。

Comments are closed.